シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新履歴

バージョン 詳細
2.4.03 (2022/11/24)
※これまで利用頂いているワンクリック一括発注支援シート.xlsmはそのままご利用頂けます。

<機能追加>
・SMBC日興証券の取引パスワードに対応しました。
既存のシートを引き続きご利用の場合は、以下の手順でSMBC日興証券の”取引暗証番号”欄を作成してから、入力してご利用ください。

↓基本情報シートの「シート保護」を解除します。

↓隣のセルをコピーしてsmbc日興証券の取引暗証番号を入力可能な状態にします。

・2022/10/23 楽天証券HPの構造変化に対応
・松井証券にて注文エラーになりにくいよう対策を行いました(セキュリティキーボード入力処理の改善)
・Edgeモジュールをバージョン固定から常に最新版を利用するように変更
・ワンクリック一括発注支援シート.xlsmのシグナル出し設定シートにあるイザナミのパスを64bit版に変更。
 シグナル出し時に「実行ファイルの存在を確認できませんでした」と表示される場合は”C:\Program Files (x86)\izaneo\izaneo.exe”に変更してお試しください。
・ワンクリック一括発注支援シート.xlsmに発注のサンプル設定シートを追加しました(通常/デイトレ/IFD系/Uターン)
・イザナミVer 2.4.00の仮想インストール(立花証券)に対応しました。
イザナミをVer 2.4.00以上にして、かつ「シグナル出し設定」シートの”株価データの仮想インストールファイル(*.csv)”欄を 立花証券を利用 にすると、立花証券から最新の株価データを取り込んだシグナル出しになります。


※現状のxlsmシートでも”立花証券を利用”と直接入力すれば、引き続きご利用可能です。

<問題修正>
・松井証券で仕掛け時に「余力エラー:」など把握していないアプリケーションエラーとなった場合、無限ループしていた問題を修正
・firebaseのDinamicLinkに障害が発生しても発注を進められるよう対策
・GMO証券/auカブコム証券/岡三オンライン証券/楽天証券にてオプション「余力不足で直ちに終了」が機能していなかった問題を修正
・auカブコム証券で取引区分を”自動”にしても現物に注文がいかない問題を修正
・auカブコム証券にて複数上場銘柄の手仕舞いに失敗する問題を修正
・auカブコム証券での保有銘柄一覧取得で現物を保有していないと信用の銘柄が取得できなかった問題を修正
・取引区分の指定で未対応の書式で指定された場合、Excelマクロエラーになっていた問題を修正
・楽天証券で成り行き発注時にクロス取引の警告がでたら自動的に寄成で再チャレンジする機能の修正
・楽天証券の手仕舞いで一部発注済のポジション”500(300)”等で発注できなかった問題を修正
・SBIネオトレード証券用の”逆指M”でMが全角だと”逆指S”扱いになっていた問題を修正
・GMO証券で取引区分を自動にしていても、一般信用が選択できない銘柄の場合、現物の発注が行われていなかった問題を修正
・保有銘柄一覧取得時にSMBC日興証券で51銘柄以上保有時に2ページ目以降の銘柄が取得できなかった問題を修正

2.4.02 (2022/3/21)
※これまで利用頂いているワンクリック一括発注支援シート.xlsmはそのままご利用頂けます。

<機能追加>
・岡三オンライン証券のURL変更に対応しました
・オプションの「ダイアログ表示スキップ」をONにしていれば、お知らせダイアログも表示されないようにしました

<問題修正>
・松井証券で仕掛け時に「余力エラー:」など把握していないアプリケーションエラーとなった場合、無限ループしていた問題を修正
・firebaseのDinamicLinkに障害が発生しても発注を進められるよう対策
・GMO証券/auカブコム証券/岡三オンライン証券/楽天証券にてオプション「余力不足で直ちに終了」が機能していなかった問題を修正

2.4.01 (2022/1/30)
※これまで利用頂いているワンクリック一括発注支援シート.xlsmはそのままご利用頂けます。

<機能追加>
・利用規約の同意チェックを発注シートのボタン押下時に変更しました
・楽天証券で”恐れ入りますが、再度操作してください”が表示されたときの再挑戦処理を追加

<問題修正>
・SMBC日興証券の「保有銘柄一覧取得」で現物の情報がない場合に信用の情報も取得できなかった不具合を修正しました
・SMBC日興証券の一般信用売建では期間指定ができなかったため「今週中」が選択されるよう修正
・SMBC日興証券で信用取引で保有していない銘柄の手仕舞い指示を行うと、最初に見つかった別銘柄に手仕舞いを行っていた問題を修正
・ネオトレード証券で口座指定の特定/一般指定が逆になる問題を修正
・ネオトレード証券の手仕舞いでエラー種別によってタイムアウトになるまで処理が進まなくなることがあった問題を修正
・取引区分を自動にして立花証券のAPIを利用した手仕舞い時、現物の手仕舞いができていなかった問題を再修正
・IFD入力支援時に「値幅指値」等の指標を利用しない設定でも、指標チェックが行われていた問題を修正
・松井証券で保有銘柄一覧取得時に、建玉照会画面でフィルタリングされてた際に正常に取得できなかった問題を修正
・松井証券で保有銘柄一覧取得で取引区分が取得できていなかった問題を修正
・松井証券で取引区分=日計りで後場に”引成”/”不成”で仕掛け発注すると成り行きになっていた不具合を修正
・松井証券の信用で寄付指定ができなくなっていた問題を修正
・auカブコム証券 / 楽天証券のメンテナンス中判定を修正
・マネックス証券の信用にてJASDAQの仕掛けがエラーになる問題を修正
・楽天証券で信用ポジションがないとエラーダイアログが表示された問題を修正
・楽天証券の信用仕掛けで「システムエラー(銘柄画面表示)」となる場合の対策を追加
・立花証券e支店/松井証券/楽天証券/SBI証券で口座区分指定が失敗していた問題を修正
・SBI証券の信用建玉一覧で市場がPTSになっているポジションの手仕舞いができなかった問題を修正
・SBI証券の日計り信用で立てたポジションの手仕舞いができない問題を修正

2.4.00 (2022/1/1)
※Microsoft Edgeを利用するために、必ずワンクリック一括発注支援シート.xlsmを最新版にして下さい。
※これまで利用頂いたシートから設定を移植する方法はFAQで解説しています。

<機能追加>
・Microsoft Edge対応を行いました。
・基本情報シートのオプションに「ブラウザモード」を追加しました。
※「IEモード」にすることで以前と同じくIEを利用した動作になりますが、IEの機能は今後修正が行われず、将来的には削除される機能となります。
・基本情報シートのオプションにある「指値自動調整」の指定について、Edgeモードの場合は全証券会社が対象となりました。
・auカブコム証券/マネックス証券で「日計り」に対応しました。
・証券会社の選択肢にあった「松井証券(1日信用)」を削除しました。1日信用を利用するには、他の証券会社同様「取引区分」を”日計り”と指定します。
・シグナル出しの処理中にイザナミを途中終了させたなど、正常にシグナル出しができなかった場合自動で再試行を行うようにしました。
再度実行してもシグナルが出力できない場合は、ダイアログで警告が表示されシグナル出しを中断します。
・松井証券で不成を指定すると大引け不成として扱われるようになりました。
・SBI証券でもIFD/IFDO/OCOが利用可能になりました。
・auカブコム証券でもIFD/IFDO/OCOの書式で発注が可能になりました。
・マネックス証券にてOCO書式で発注可能になりました。

<問題修正>
・現物のポジションがある状態でauカブコム証券ブラウザ版にて取引区分=自動で手仕舞い発注すると、現物の手仕舞いができずに「エラー(ブラウザ版では1日信用非対応)」と表示される問題を修正
・取引区分を自動にして立花証券のAPIを利用した手仕舞い時、現物の手仕舞いができていなかった問題を修正
・auカブコム証券の手仕舞い時のW指値で注文に失敗する問題を修正
・IEモードにてマネックス証券の保有銘柄一覧取得が機能しなくなっていた問題を修正

2.3.12 (2021/7/25)
※これまで利用頂いているワンクリック一括発注支援シート.xlsmはそのままご利用頂けます。
・ネオトレード証券で取引区分を自動にしても、現物で発注できない銘柄があった問題に対応
・立花証券e支店でAPIを利用すると取引区分を自動にしても、現物で発注できない銘柄があった問題に対応
・2021/6/27以降、午後に立花証券e支店でAPIを利用すると発注エラーとなる問題を修正
・auカブコム証券のブラウザ版で即ビンゴエラー表示に対応
・auカブコム証券のAPI版で現物の逆指値手仕舞いでエラーになっていた問題を修正
・auカブコム証券のAPI版で日計り(デイトレ信用)注文に対応。ブラウザ版は未対応です。
・トライアル版でもauカブコム証券/立花証券e支店のAPI機能をお試し頂けるようになりました。
・トライアル版での1日最大発注数を10に変更させていただきました。
2.3.11 (2021/5/17)
※これまで利用頂いているワンクリック一括発注支援シート.xlsmはそのままご利用頂けます。
・SMBC日興証券HP構造変更に対応。銘柄一覧取得と手仕舞いを修正しました。
・SBIネオトレード証券のHP構造変化が原因で「保有銘柄一覧取得」にて信用ポジションの情報が正しく取得できなくなった問題を修正
・auカブコム証券で信用の「買い新規」が選べない銘柄でエラーが発生していた問題を修正
・インストール時の例外対策を追加
・立花証券e支店でAPI注文時に取引区分を自動にしていても信用で注文エラー時に現物注文に切り替わらなかった問題を修正
・動作環境の条件をExcel 2013以降に変更(Excel2010でも現状動作しますがサポート対象外とさせて頂きます)
2.3.10 (2021/4/17)
・ネオトレード証券のHPの変化が原因で手仕舞いができなくなった問題に対応しました。
2.3.09 (2021/4/16)
※立花証券e支店のAPI発注を利用する場合はワンクリック一括発注支援シート.xlsmを最新版にして下さい。
利用しない場合はこれまで利用頂いているワンクリック一括発注支援シート.xlsmはそのままご利用頂けます。・立花証券e支店のAPI発注に対応しました(3年パック専用です)
・仕掛け/手仕舞い時にCtrl+Cキーでも中断できるようにしました。
※API実行時はボタンの反応が鈍いのでCtrl+Cキーでの中断を推奨
・楽天証券で成り行き発注時にクロス取引の警告がでたら自動的に寄成で再チャレンジするようにしました。
・内部で利用しているJSON解析モジュールを変更しました。
一部環境で「実行時エラー ‘-2147352319(80020101)’ ‘appendChild’メソッドは失敗しました: ‘JScriptTypeInfo’ オブジェクト 」と表示されて発注できない問題が解決されます。
・楽天証券の制度信用で仕掛け発注が失敗することがある問題を修正
・ネオトレード証券の重要事項確認処理を修正
2.3.08 (2021/1/25)
※これまで利用頂いているワンクリック一括発注支援シート.xlsmはそのままご利用頂けます。・基本情報シートに設定の保存/読み込みボタンを追加しました。
バージョンアップ時にシートの設定を移行するのが簡単になります。
既存のシートに設定の保存/読み込みボタンを追加する方法はこちらからご確認下さい。
・楽天/松井/ネオトレード証券で取引区分が自動の場合、現物の手仕舞いが行われない問題を修正
・「逆指値発動後指値」でセルの書式が「通貨」など数値以外の場合指定が無視されていた問題を修正
・SBI証券で信用と現物で同じ銘柄のポジションが存在した時、取引区分が自動の際に現物手仕舞いが行われないことがあった問題を修正。
・SBI証券の仕掛けロジック修正。一部環境で発注できるはずの取引区分でもエラーになる問題に対応。
・SBI証券の仕掛け処理ログ出し強化
・インストール時にExcelが起動していた場合は強制終了させる判定と処理を追加。
・ネオトレード証券でエラーの発生等で何度もログイン処理が発生することがある問題を修正
・UserAgentをIEからEdgeに変更。内部のダウンロードエラー対策です。
・最新版をインストールボタンでダウンロード失敗判定が機能していなかった問題を修正
・マネックス証券の引成/引指の場合、「当日後場のみ」を指定するようにしました。
・マネックス証券で注文全取消が正常に動作していなかった問題を修正しました。
・マネックス証券で発注の度にログアウト/ログインが動いていた問題を修正しました。
2.3.07 (2021/1/2)
※これまで利用頂いているワンクリック一括発注支援シート.xlsmはそのままご利用頂けます。
・インストーラーを新装
インストール時にエラーが発生しやすい環境に向けて対策を行いました。
・ライブスター証券→SBIネオトレード証券への商号変更に対応
ツール内の用語をライブスター証券からネオトレード証券に変更しました。
・楽天証券での手仕舞いで指定した株数より少ない株数での手仕舞いになっても「成功」として処理するケースがあった問題を修正
・izaRSS ベーシックと共通で利用していたモジュールを完全分離
izaRSS ベーシックをバージョンアップした際にワンクリック一括発注支援ツールに問題が発生することがある症状に対策しました。
その影響でizaRSSベーシックの関数を使っている場合、セル内に「izaRSS.xla!」と表示され、正常にデータが受信できなくなります。
izaRSSベーシックを最新版にバージョンアップの上、izaRSSベーシックの更新履歴にある対策方法を御覧ください。
2.3.06 (2020/11/30)
・仕掛け/手仕舞いの中断機能を実装しました。
・楽天証券のHP構造変化に対応しました。
※楽天証券でログイン時に自動的に自動ログアウトをOFFにする機能が無効になっています。次回以降のバージョンアップで対策を行います。
・立花証券e支店で取引区分を「自動」にしても制度信用買いができない銘柄で現物発注が行われなかった問題を修正しました。
・auカブコム証券で執行「後場寄成」に対応しました。
※「前場寄成」したい場合は、「寄成」と指定します。
※前バージョンのワンクリック一括発注支援シート.xlsmをそのまま利用すると、起動時にマクロエラーが発生します。
その場合はこちらの画像の青い部分を削除して保存することで、引き続きご利用頂けます。
2.3.05 (2020/9/17)
・サーバー障害対策を実施。障害発生時に弊社にて利用サーバーの切り替えができるようになりました。
サーバー障害対策ツール利用時でも「カレンダーデータのダウンロードに失敗しました」が表示されないよう修正
・ライブスター証券の注文全取消で現物でエラーになる問題を修正
・ライブスター証券にてID/パスワード指定していない状態で利用した際に入力要求するダイアログが表示されない問題修正
・ライブスター証券でのモバイルサイト対応停止
・ライブスター証券で「[W0006] 画面遷移時にエラーが発生しました」のエラーが発生する環境用対策追加(ライブスター発注モードをノーマルとキャッシュクリアを選択可能にしました)
・ライブスター証券のHTML変化が原因で現物手仕舞いで逆指値を利用すると、「失敗(該当する建て玉が見つかりません。)」となっていた問題を修正
・auカブコム証券で市場の指定が無い状態で仕掛け/手仕舞いを実行するとエラーで処理が停止する問題を修正
・マネックス証券でJASDAQ銘柄の発注でエラーが発生する問題を修正
・マネックス証券で信用の発注でエラーが発生する問題を修正
・SBI証券にて「国内株式 注文市場の初期設定」を「東証」にしていると、手仕舞い時にSORで発注される問題を修正
・対応OSからWindows 7を削除しました。
2.3.04 (2020/6/19)
・サーバー負荷対策を実施
・発注完了画面の表示仕様を変更
既存サーバーでの処理が重くなっていたので、別画面を表示するよう変更
・市場指定で「東1」「東2」「ジャス」「マザ」「JQG」「JQS」に対応
・仕掛け時でもイザナミで「株数を表示する場合は、買い+表示、売り-表示にする」がOFFの場合警告を出すよう修正。
・手仕舞い時に「建て」列が「買建」「売建」の指定を「買い」「売り」とした場合意図通り注文できなかった不具合を修正
・子1逆指値発動後執行/子1逆指値発動後執行の”不成”指定時の前場チェックが抜けていたので修正
・執行列での”強制不成”対応。
・オプション「イザナミを終了させない」を追加
・ブラウザの画面更新チェック処理の強化
・取引区分=制度でも「一般信用新規建停止中」と表示されていた場合、”失敗(信用不可)”としてエラーにしていた問題を修正
・発注順指定シートで設定を削除する際、日計り判定処理が無限ループしてしまう問題を修正
・SMBC日興証券で、一般売り建てができない場合にエラーで処理が停止してしまうことがある問題を修正
・SBI証券の手仕舞いで既に発注済等で手仕舞いできないときのエラー表示を追加
・SBI証券の手仕舞い時にSOR指定とならないよう市場選択処理を追加
・SBI証券で口座(預かり)区分を「特定」と指定すると、特定口座しか指定できない口座の場合、注文に失敗する問題を修正。
・SBI証券バックアップサイトの変更により、SBI証券の逆指値を利用した手仕舞いが実行できなくなっていた問題の対策
・SBI証券にて確認画面を省略する設定になっていると、手仕舞いに失敗する問題を修正
・カブドットコム証券の表記をauカブコム証券に変更
・auカブコムのW指値の仕掛け/手仕舞いで、子2逆指値の以上/以下自動判定が逆だった問題修正
・auカブコム証券のUターンW指値不成で、Uターン発動後指値=0のときエラーとなって発注できなかった問題を修正
・auカブコム証券で APIを利用した際、認証時に許可した期間内にも関わらずログインに失敗し、再度認証画面が表示されることがある問題を修正
・auカブコム証券で APIを利用した際、15:00以降の発注が失敗になることがあった不具合を修正
・auカブコム証券のUターン注文でW指値の不成指定時に子2逆指値発動後指値を指定しないとエラーになる問題を修正
・auカブコム証券で「※ 現在規制中のためお取扱いございません」が表示される銘柄で発注が止まる問題を修正。
・松井証券で値幅指定時に0.3等の0がついた小数での発注がエラーになる問題を修正
・立花証券e支店 / 楽天証券のログイン失敗対策
・立花証券e支店で手仕舞いのOCO注文に失敗する問題を修正
・ライブスター証券(PCサイト)で現物の手仕舞いでOCOを利用するとエラーになる問題を修正
・ライブスター証券(PCサイト)で取引区分を「自動」にしても、制度信用で対象銘柄が見つからなかったらエラーになっていた問題を修正
・ライブスター証券で手仕舞いでOCO注文時、注文期限の指定ができない問題を修正
・松井証券のHP変更でログインできなくなった問題修正
・松井証券で札証/福証銘柄の発注に失敗する問題を修正
・楽天証券で信用取引の資金不足時にオプションの「余力不足で直ちに終了」がONでも終了していなかった問題を修正
・楽天証券で執行を「通常不成」にすると、大引不成ではなく、普通の不成を指定するよう機能追加。
・楽天証券でサイト仕様変更が原因で手仕舞いができなくなった問題を修正
・楽天証券でのザラバ発注に失敗しやすかった対策を実施
・楽天証券でログイン時、自動的に自動ログアウトをOFFにするよう対応
・シストレ魂のシグナルでも発注しやすいよう「執行」列を「執行方法」と明記して指定できるよう対応
2.3.03 (2019/4/26)
立花証券e支店機能が1年パックでも利用可能になりました。カブドットコムAPI発注機能にてよりセキュリティ面がより強化された「新kabu.com API」に対応しました。
ワンクリック一括発注支援シート上にAPI用のIDとパスワードを記載する必要がなくなりました。
※新kabu.com APIの利用には改めて初期設定が必要です。設定方法はこちらをご覧ください。
※前バージョンまでの旧kabu.com API対応版は2019/9から利用できなくなりますのでご注意下さい。
・カブドットコムAPI発注機能で「保有銘柄一覧取得」に対応
・カブドットコムAPI発注機能で手仕舞いする際に、同銘柄のポジションが100株と200株に分かれている場合、300株指定での手仕舞いができなかった不具合を修正・シグナル出しの日付チェックで東証休業日確認処理を実装。
土日以外の祝日でもシグナル出しがオプション設定の変更の必要無く行えるようになりました。・楽天証券/マネックス証券にてIFD注文(返済予約)対応
・松井証券(1日信用)で「益出し損切り」対応(IFDOで指定)
・IFD入力支援で値幅指定にマイナスの値が指定できていた問題に対応
・18:00過ぎるまで立花証券e支店のIFD注文は受け付けないように対応
・IFD発注支援機能に設定編集/削除機能を追加(「IFD条件を編集」を選択)・岡三オンライン証券証券の一般信用対応
・保有銘柄一覧取得でauカブコム証券のみ建値も取得するよう変更。(他証券会社も順次対応予定です)
・イザナミver2.2.15より対応した執行条件「翌日引け」「翌日指値(引け)」対応。
※前場引け前に引成/引指で発注ができるのはauカブコム証券のみです。
他の証券会社は大引けの引成/引指に対応していないため、前場引け(11:30)から大引け(15:00)までの間のみ受け付けます。
・引成はauカブコム証券以外、不成はauカブコム証券/楽天証券以外は後場指定ができないため利用できませんでしたが、前場引け(11:30)以降であれば全ての証券会社で引成/不成での発注が可能になりました。・立花証券e支店で「余力不足でただちに終了」がONでも資金不足で処理が終了しなかった問題を修正
・SBI証券で売り仕掛けの場合、取引区分を無期限にしても発注できなかった問題修正
・楽天証券で保有銘柄一覧取得が正常に取得できていなかった問題に対応
・楽天証券で保有銘柄一覧取得時に取引区分が「一般(1日)」の場合「1日」として取得されるように修正。
・オプション「ダイアログ表示スキップ」が正常に動作していなかった不具合を修正
・オプション「ダイアログ表示スキップ」をONにした際、リストクリアを実行すると必ずヘッダ行がクリアされていた問題を修正
・「建て」列を用意した状態で空欄の行があった場合、株数は+でも-でも買建として扱われていた不具合を修正
・松井証券(1日信用)の手仕舞いで不明なエラーが発生した際、IEとExcelの立ち上げ直しを案内する処理を追加
・「保有銘柄一覧取得」の取得エラーを出にくくするため内部処理を改善。
・SBI証券のHPリニューアルの影響で逆指値の発注に失敗する問題に対応
・GMOクリック証券の一般信用売りで在庫なし時のエラーで発注処理が終了しないように対応
2.3.02 (2018/10/26)
・正規版(3年パック)で立花証券e支店に先行対応(次回以降のバージョンアップで1年パックでも対応予定です)
・GMOクリック証券で非対応銘柄への注文時にエラーダイアログが出ないよう修正
・ライブスター証券でモバイルサイトを利用した際、取引区分を「自動」にしても現物での発注へ移行しないことがあった問題を修正
2.3.01 (2018/10/06)
・ダイアログ表示スキップ機能を追加。詳細は基本情報シートの解説をご覧ください。
IFD入力支援機能追加(要イザナミ ver 2.2.13以降)
※実際にIFDで発注するには正規版(3年パック)が必要となりますのでご了承下さい。
・auカブコム証券でもIFD書式でUターン注文が行えるように対応
・SBI証券で「注文確認省略設定」ON時に発注エラーとなっていた不具合修正
・オプションの逆指値許容スリッページで%指定時の指値計算時、買い仕掛けの場合は1Tick以下切り下げするように修正
・ライブスター証券の一般信用対応
・GMOクリック証券のHP構造変更対応
・GMOクリック証券の一般信用で発注できなかった問題修正
・GMOクリック証券の仕掛けで発注失敗しているの「成功」と表示されることがあった不具合を修正
・利用者が少なかったため「取引履歴取得」機能のサポートを中止しました。
2.3.02 (2018/10/26)
正規版(3年パック)で立花証券e支店に先行対応(次回以降のバージョンアップで1年パックでも対応予定です)
・GMOクリック証券で非対応銘柄への注文時にエラーダイアログが出ないよう修正
・ライブスター証券でモバイルサイトを利用した際、取引区分を「自動」にしても現物での発注へ移行しないことがあった問題を修正
2.3.01 (2018/10/06)
・ダイアログ表示スキップ機能を追加。詳細は基本情報シートの解説をご覧ください。
IFD入力支援機能追加(要イザナミ ver 2.2.13以降)
※実際にIFDで発注するには正規版(3年パック)が必要となりますのでご了承下さい。
・auカブコム証券でもIFD書式でUターン注文が行えるように対応
・SBI証券で「注文確認省略設定」ON時に発注エラーとなっていた不具合修正
・オプションの逆指値許容スリッページで%指定時の指値計算時、買い仕掛けの場合は1Tick以下切り下げするように修正
・ライブスター証券の一般信用対応
・GMOクリック証券のHP構造変更対応
・GMOクリック証券の一般信用で発注できなかった問題修正
・GMOクリック証券の仕掛けで発注失敗しているの「成功」と表示されることがあった不具合を修正
・利用者が少なかったため「取引履歴取得」機能のサポートを中止しました。
2.3.00 (2018/06/15)
ライセンス「正規版(3年パック)」の機能強化を実施
OCO/IFD/IFDOなどの特殊注文、
日計り信用での発注、カブドットコムでのAPI発注機能は
正規版(3年パック)専用の機能となりました。
※ご要望頂ければ前バージョン(ver2.2.05)のインストーラーを提供いたしますのでサポートまでご連絡ください。
auカブコム証券でAPIを利用した高速発注に対応[3年パック専用]
auカブコム証券でW指値対応(ブラウザ版のみ)[3年パック専用]
SBI証券/楽天証券の日計り信用発注に対応[3年パック専用]
・ライブスター証券にてオプションのライブスター発注モードが「PCサイト」の時のみ、IFD/IFDOの値幅指値に対応[3年パック専用]
・ライブスター証券にて手仕舞いOCO注文で株価の小数点指定ができなかった問題修正[3年パック専用]
・松井証券(1日信用)の追跡指値が正常に動作していなかった問題修正[3年パック専用]
・auカブコム証券でジャスダック銘柄の手仕舞いができなくなっていた問題修正
・auカブコム証券で取引区分を現物にした状態で売り仕掛け注文を行うと現物で買い建て仕掛けしていた問題修正
・シグナル出し用設定ファイル指定で33件以上登録すると処理が途中で止まる問題修正
・楽天証券ログイン画面新バージョン対策
・楽天証券で信用口座が開いていない状態でオプション「取引区分」を「自動」にして発注すると、現物での発注ができなかった問題修正。
・岡三オンライン証券で保有銘柄一覧取得が正常にできていなかった問題修正
・「最終日シグナルCSV貼り付け」ボタンが相対パスに対応していなかった問題修正
2.2.05 (2017/12/29)
・仕掛け/手仕舞い注文で注文期限の指定機能追加
・仕掛け注文で特定・一般の口座(預かり)区分指定機能追加
・マネックス証券のHP構造変化で仕掛け/手仕舞いができなくなった問題修正
・auカブコム証券での大量発注時に注文全取消で失敗する問題修正
・楽天証券のHP構造変化で現物仕掛け・手仕舞いできなくなった問題修正
・楽天証券の手仕舞いでカンマが入る桁数の手仕舞いに失敗していた不具合を修正
・楽天証券の仕掛け手仕舞いで”不成”を指定すると”大引け不成”になるよう変更
・岡三証券で取引区分を自動にした際、信用ー>現物への切り替えが動作していなかった不具合修正
・シグナル出し設定シートの「■シグナル出し用設定ファイル指定」でドライブ名を指定せずファイル名・フォルダ名だけ指定した場合はワンクリック一括発注支援シート.xlsmの相対パスとして処理するよう修正。
2.2.04 (2017/9/8)
・楽天証券のHTML構造変化対応
発注順指定機能追加
・注文種別指定エラーを仕掛けボタンで判断して停止させず、行単位でチェックするよう修正
2.2.03 (2017/7/21)
・岡三オンライン証券の指値指定時のエラー対応
・岡三オンライン証券の逆指値対応
・マネックス証券で注文全取消できなかった問題の修正
・松井証券処理をPCサイト化
2.2.02 (2017/6/9)
・岡三オンライン証券のURL変更対応
・SMBC日興証券でジャスダック銘柄の発注ができなくなった問題修正
・最終日シグナルCSV貼り付けで、保有銘柄のリストが貼り付けられないことがあった不具合を修正
2.2.01 (2017/5/2)
・カブドットコムのUターン注文 Uターン指値の不成注文への対応(子1執行に「不成」と入力します)
・楽天証券で発注ができないことがある問題対応
・楽天証券でジャスダック銘柄の発注が出来なくなっていた不具合修正
・楽天証券で保有銘柄の取得が正常にできなくなっていた問題修正
・松井証券(一日信用)で保有していない銘柄に手仕舞い指示した場合、発注処理が止まっていた問題修正
・SMBC日興証券で取引履歴が取得できなくなっていた不具合の修正
・最終日シグナルCSV貼り付けで表示されるダイアログに「保有銘柄(確認用)」追加。 ※利用にはイザナミver2.2.10以降が必要
2.2.00 (2017/2/10)
・ライセンス認証処理追加。詳しくは ライセンス情報について をご覧ください
・カブドットコムのUターン注文に対応
・マネックス証券HPリニューアルに対応
・松井証券の取引履歴取得が動作していなかった問題修正
・シグナル出し設定シートのレイアウトを少し変更。イザナミ実行ファイル指定欄を左上に移動。
・動作環境からWindows XP/Vista/Excel 2003 を外させていただきました。
PC環境の影響で最新版が動作しない方は、誠に恐れ入りますがお問い合わせください。
2.1.07 (2016/11/15)
・松井証券(一日信用)の松井証券のHP構造変化に伴う修正
・松井証券で取引履歴が正常に取得できなかった不具合修正
・ライブスター証券PCサイトで注文全取消でリストの2ページ以降が取り消しできなかった不具合修正
・SBI証券の保有銘柄一覧取得が60件までしか取得できなかった不具合修正
・SBI証券の保有銘柄一覧取得で取引区分に<br>が含まれていた不具合修正
・SBI証券で両建てしていた際、手仕舞いの買建・売建指定が正常に動作していなかった不具合修正
2.1.06 (2016/8/5)
・基本情報シートのオプションに「取引区分」追加
・ライブスター証券のIFD注文で小数点株価が入力できなかった不具合修正
・ライブスター証券でPCサイトを選択時に売り禁銘柄に発注したときエラーになった不具合修正
・ライブスター証券でPCサイトを選択時に手仕舞い時で小数点株価が入力できなかった不具合修正
・ライブスター証券でPCサイトを選択時の”現在当社ではお取扱しておりません”時の処理追加
・SMBC日興証券で口座番号が6桁以外ログインできなかった不具合修正
2.1.05 (2016/3/11)
・SMBC日興証券にて”トリガー価格(株価)が値幅制限を超えています”時の処理を追加
・SMBC日興証券の銘柄一覧取得でページ送りが発生する21銘柄以上の銘柄が取得出来ていなかった問題を修正
・GMO証券にて”市場が注文を受け付けていません”時の処理を追加
・ライブスター証券にてPCサイト利用時のみ IFDO注文時の親注文で逆指値を利用した時、逆指値発動後指値/逆指値許容スリッページが無効になっていた問題を修正
・SBI証券で信用規制時に自動的に信用->現物での切り替えが動作しない問題を修正
・auカブコム証券の仕掛け/手仕舞いにて小数点株価の場合失敗する問題を修正
・auカブコム証券の仕掛け時、売り禁銘柄に仕掛けるとエラーになる問題を修正
2.1.04 (2015/11/11)
・ライブスター証券での発注で「取引区分」を指定しない場合、信用と現物で二重発注となるケースがある問題を修正しました。
2.1.03 (2015/11/6)
・逆指値許容スリッページの指値の計算式を2015/10/30のtopix100銘柄変更に対応
・2015/9/24呼び値変更への対応漏れ修正
・松井証券の手仕舞い、保有銘柄一覧が正常に動作していなかった問題を修正
・インストーラーのアドイン登録処理を修正。(特定環境でver2.1.02から正常に動作しない症状が改善する可能性がありますのでお試し下さい。)
2.1.02 (2015/8/14)
・ライブスター証券のPCサイト構造変化にあわせてログイン機能/取引履歴取得の修正
・シグナル出力先フォルダの末尾に「¥」がついてないとCSVが読み込めない問題対応
・auカブコム証券でSTOP高/安判定の小数点対応漏れを修正
・イザナミのインストール先を標準以外のフォルダにした場合用にizaneo.exeの場所を指定するオプションを追加
・イザナミでシグナル出し時に検証結果の保存が指定できる機能を追加
・逆指後指値の計算がTOPIX100銘柄の小数点対応が抜けていた問題修正
・GMOクリック証券にて、信用口座を開設してない場合手仕舞い発注が出来なかった問題を修正
・インストーラーにてExcelのプロセスを見つけたら強制終了を確認するダイアログがでるように修正
・auカブコム証券で信用口座を開設していない状態で信用取引を行おうとした場合お知らせがでるように修正
・発注先列で証券会社を指定した場合「指成」を「指値」に変換しない場合があった問題を修正
・発注先列で証券会社を指定した場合、オプションの「余力不足で直ちに終了」が効いていなかった問題修正
2.1.01 (2015/6/12)
・最終日シグナルCSV貼り付けが土/日/月曜日15:00前に実行すると失敗する不具合を修正
・ライブスター証券のOCO/IFD/IFDO注文が実行できないことがある問題を修正
2.1.00 (2015/6/5)
・ver2.2.00以降のイザナミでのシグナル出し機能を追加
・シグナルの貼付け機能を追加
・松井証券(1日信用)対応
・ライブスター証券で逆指値Mに対応
・オプション指定で、ライブスター証券での発注をPCサイトを利用できる機能を追加
・オプションにて、シグナル貼付開始位置の指定機能追加
・オプションにて、リストクリア範囲指定追加
2.0.06 (2015/5/6)
・一部環境で「非表示モジュールModuieUnion内でコンパイルエラーが発生しました。」と表示され実行できない問題に対応。
・GMOクリック証券でまれに多重発注が起こっていた問題に対応。想定外のエラーの場合は発注を止めて案内を表示します。
・auカブコム証券でのエラー「失敗(即時約定逆指値)」対応。
2.0.05 (2015/4/14)
・楽天証券のメニュー構成リニューアルに対応。
・オプションに「パレット列の確認」を追加。ONにすると発注前にヘッダ行に「仕掛けパレット」もしくは「手仕舞いパレット」が存在しな場合、警告を出します。不要な場合はOFFにしてください。
・「市場」列がなくても発注が可能になりました。省略した場合、市場は”t”と入力した場合と同様の動作になります。
2.0.04 (2015/4/7)
・まったくの同一条件シグナルがあった場合2つ目以降の発注が行われていなかった不具合を修正。
・その他細かい調整。
2.0.03 (2015/3/30)
・基本情報シートのオプションIE表示をOFFにしてもOFFにならなかった不具合を修正。
・ログイン時IEクリアをONにすると発注の度にログイン・ログアウトを繰り返すことがあった問題を修正。
・GMO証券でSTOP高・安が小数点になる場合に発注エラーになっていた問題を修正。
・ライブスター証券のIFD注文の子1執行で逆指値を利用した場合のみ、親注文の指値が使われていた不具合を修正。
2.0.02 (2015/3/19)
・ライブスター証券のIFDの信用取引発注で失敗する問題を修正。
2.0.01 (2015/3/17)
・ライブスター証券のIFD/OCOでの発注に失敗することがある問題を修正。
2.0.00 (2015/3/13)
・拡張性向上のため機能をDLLやExcelアドインに集約
・インストーラーでインストールするタイプのアプリケーションに変更。
・お知らせ画面の追加。
・最新バージョンチェック機能を追加。
サーバー上の最新バージョンを自動的に探してインストールする仕組みになりましたのでバージョンアップが簡単になりました。
・発注シートからActiveXコントロールを排除。
・ボタン配置の整理。
・SMBC日興証券の逆指値に対応。
・取引履歴取得機能の追加。
・「発注先」列の追加で、まとめて複数証券会社へ発注機能の正式対応。
・公式サイトがオープン(https://www.izarss.jp/)
・処理が失敗しやすい環境対策のため、オプションに「ログイン時IEクリア」を追加。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする