シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ワンクリック一括発注支援ツール 「スキャリバ」用サンプルシートマニュアル

概要

トレジスタ・ストラテジーオンラインで販売中の「スキャリバ」の標準Verでの運用を簡略化するためのサンプルシートのマニュアルです。

仕掛けと同時に値幅指定の利確注文(不成注文)を行うための設定を簡易的に行うことができます。

※当シートは”日計り”や特殊注文を利用しているため3年パック用の機能であるライセンスが必要となります。

サンプルシート ダウンロード

トレジスタ・ストラテジーオンラインにログインしてダウンロードをお願い致します。

通常版シートとの相違点

基本情報シート

オプションで
「株数無しは貼り付けない」をON
「リストクリア範囲指定」を指定(B5:R9999)
「パレット列の確認」をOFF
にしています

発注シート

A2セルの初期設定を「楽天証券」にしています。

S列に取引区分を日計り(1日信用)にする指定を、
T列にスキャルバの利確幅を自動計算して表示する式を入力しています。
(※オプションの「リストクリア範囲指定」ではS/T列をクリアしないための指定をおこなってます)

「仕掛け」ボタンをクリック時、R4セルを空欄にするマクロが記載されています。
(IFD入力支援利用時に不要な”子1指値”列ができるので削除するため)

使い方 – 事前準備

・イザナミの最適分散投資の最終日シグナルでXXXX/XX/XXのテクニカル指標の欄で「終値」が表示されるよう指定しておきます。

・基本情報シートにアカウント情報とログイン情報を入力します。

・シグナル出し設定シートで「■シグナル出し用設定ファイル指定」の欄を入力します。
バックテスト/最適分散投資の欄に利用するスキャリバの設定ファイルを指定し、
「銘柄一覧の出力先フォルダ」も必ず指定し、IFD入力支援を使う準備をします。

例:

使い方 – シグナル出しと発注

・発注シートの「シグナル出し」ボタンでシグナル出しを行います

・「最終日シグナルCSV貼り付け」ボタンで 仕掛けシグナル「IFD」を選択して「読み込み」ます。
(※IFDを選択するドロップダウンリストが表示されない場合はシグナル出し設定シートで銘柄一覧の出力先フォルダを指定した後にシグナル出しを行っているかご確認下さい)

・IFD子注文設定ダイアログで対象がスキャリバ【DS】以外
執行条件=値幅不成
としてOKをクリックします。

対象がスキャリバ【DS】の場合は
執行条件=IFDしない
と指定します。

・「仕掛け」ボタンで発注します。

こうすることで
スキャリバ【DS】以外は手仕舞いまで注文されます。
スキャリバ【DS】は戦略のマニュアルに従って、別途手仕舞いの注文を行って下さい。

ご注意点

・楽天証券での利用がお薦めです。

・注文後は意図通りに発注できているかご確認下さい。

・スキャルバの手仕舞い注文部分をカスタマイズした場合はT列の各セルも合わせて変更して下さい。

・auカブコム証券ではワンクリック一括発注支援ツールにてUターン注文が使えるブラウザ版が「デイトレ信用」に未対応のため(後日バージョンアップ対応予定)、”日計り”では注文ができません。取引区分を”制度”にしてご利用下さい。

・auカブコム証券では”値幅不成”が使えないため”値幅指値”に変更してご利用下さい。
※不成ではないため引け間際に引成に注文を変更する作業も必要となります。

・ネオトレード証券/マネックス証券は”日計り”に対応しておりません。取引区分を”制度”にしてご利用下さい。

・ネオトレード証券/マネックス証券で”値幅不成”を使うと前場の引けで手仕舞ってしまうため、”値幅指値”に変更してご利用下さい。
※不成ではないため引け間際に引成に注文を変更する作業も必要となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする